参考画像

育成対象

中~長距離、先行に適性のあるウマ娘


育成目標

  • URAファイナルズで優勝する
  • スピード スタミナ パワー 賢さをB以上にする

因子ガチャのために星3青因子が出る条件とされているB評価を多く作るのが目的となっています。


育成方針

  • トレーニングで上げるのはスピード パワー 賢さの3つのみ
  • スタミナは青因子の継承とパワートレーニングで上げる
  • 根性は捨てる

順番に理由を説明します。

トレーニングで上げる基礎能力は3個

  1. トレーニングレベル
  2. サポートの友情トレーニング

基礎能力を効率よく上げるためにこの2点は非常に重要です。

1ターンあたりの上昇量が格段に上がります。

トレーニングレベルはそのトレを4回行うことで1増えます。

サポートの絆がたまり友情トレーニングが発動しやすくなった後半はトレーニングの効率が桁違いです。

なので後半はトレーニングレベルが4以上になっていることが望ましいです。

育成のターン数はざっくり12 * 2 * 3 = 72でそこから目標レースのターン数を引くと大体60くらいです。

トレ4回に対して休憩を1回入れると考えた場合60 / 5 = 12なのでトレーニングできる回数は4 * 12 = 48となります。

1つのトレーニングレベルを4にするのに16回消費するので48 / 16 = 3

つまりトレーニングで上げられる基礎能力は3個までという計算です。(ガバガバ計算)

スタミナは青因子とパワートレで上げる

上記の通りトレーニングで上げられるのは3個です。

残り1個を青因子の継承で補います。

賢さはトレの失敗率が低く体力を回復できるのでトレで上げるのが効率的です。

スタミナトレは同時に上がるのが根性なので今回の育成方針とは相性が悪いです。

以上の理由により青因子で補うのはスタミナになります。

根性は捨てる

先行はラストスパートが短いので根性で粘る(ラストスパートのスタミナの減りを緩やかにする)必要がありません。

なので捨てます。


サポートカードの選び方

基礎能力を効率よく上げるうえで重要なのは友情トレーニングをどれだけ発動できるかです。

複数同時友情トレーニングを狙うためになるべくカードタイプは揃えるべきです。

このバランスは非常に難しいのですが

  • スピード × 3
  • パワー × 2
  • 賢さ x 1

ぐらいが個人的にはいいかなと思っています。

(追記: 2021/03/13) 安定感が出るので完凸たづなを採用するのもアリだと思います。

カードタイプと同じトレに出ないと友情トレーニングが発生しないので得意率アップの効果量が非常に重要になってきます。

スキルがかみ合っていなくても得意率アップの効果量が高ければ全然選択肢に入ります。

スキルはどうせ取れる数に限りがあるので気にしすぎるのはよくないです。

賢さサポートは賢さ友情回復量アップが付いていれば回復量を上げられるので確認することをオススメします。

自分がよく使っているサポートカードは下記のとおりです。

  • SSR ウオッカ(パワー)

    • スキルも得意率アップも優秀
  • SSR エルコンドルパサー(パワー)

    • スキルも得意率アップも優秀
  • SSR トウカイテイオー(スピード)

    • コース取り系のスキルが優秀
    • 無凸でも得意率アップがある
  • SSR サクラバクシンオー(スピード)

    • 無凸でも得意率アップがある

これが最適解とかないので自分の所持状況に合わせてフレンドに借りるなり凸できているSRで使えそうなものを探すなりしていい感じの編成を作ってください。

下記のツイートにあるスプシがすごく参考になると思います。


親の選び方

今回の育成方針ではスタミナ因子が非常に重要になってきます。

できればスタミナ☆3の因子を祖父母世代まで含めて3,4個は欲しいです。

なのでTwitterで「スタミナ 因子 9」などで検索してよさげな人をフォローして借りることをオススメします。

継承イベでの因子発動率が上がるので相性はなるべく◎にしたほうがいいです。

因子ガチャをする場合、次世代で欲しい因子を親が持っていて祖父母世代がスタミナ3を持っているのがベストだと思います。

立ち回り

基本的には下記のルールに従って動きます。

  • スピード パワー 賢さ以外のトレーニングは使わない
  • G1レースは積極的に出る

    • ファン数、スキルポイント、白因子が目的です
  • やる気は好調以上をキープする

(追記: 2021/03/13) 基本は上記3個のトレーニングしか使いませんが、絆やスキル目的で他のトレーニングを使うこともあります。

この線引きは難しいのですが下記のツイートが参考になるかと思います。(リプライの続きに選択方法が書いてあります)

以降は各期間ごとの詳細な立ち回りですが特別なことは書いてないので読まなくても大丈夫です。

「まとめ」に移動する

メイクデビューまで

11ターンの間になるべく多くトレーニングを行いトレーニングレベルを上げます。

スピード パワー 賢さの中でサポートが多いトレを選択します。

サポートの集まりが悪いターンにお出かけを1回してやる気を上げておきます。

(追記: 2021/03/13) たづなを採用している場合はお出かけせずに一緒にトレーニングするだけでいいです。

なるべく多くトレーニングしたいのでお休みより賢さトレで体力を回復してターンを稼ぎます。

4月前半まで(クラシック)

目標をこなしつつトレーニングレベルを上げます。

  • 12月後半 ホープフルS

上記のG1レースに出てファン数とスキルポイントを稼ぐのがオススメです。

1回目の継承イベが4月前半のターン開始時にあります。

7月前半まで(クラシック夏合宿まで)

7月前半に体力がある状態がベストです。

ここでトレーニングを1,2個レベル3にできていればいい感じです。

  • 4月前半 皐月賞
  • 5月後半 オークス 日本ダービー
  • 6月後半 宝塚記念(次ターンから夏合宿なので注意)

上記のG1レースには余裕があれば出ておくといいです。

8月後半まで(クラシック夏合宿中)

この4ターンで基礎能力を爆盛りします。

スピードパワー友情トレーニングを優先して選択します。

友情トレーニングがないターンは賢さで体力を維持しつつ少しでも基礎能力を稼ぎます。

4ターン全てトレーニングに使えるのがベストですが、やる気が下がっていてなおかつ体力がない場合などはお休み&お出かけで両方回復するのもアリです。

(追記: 2021/03/13) 夏合宿中はすべてのトレーニングレベルが5相当になるのでサポートが集まっていれば上記3個以外のトレを使うのもアリです。

2月前半まで(クラシック~シニア)

ファン数を6万人以上にして固有スキルのレベルが上がるようにしておきます。

  • 10月後半 天皇賞秋 秋華賞 菊花賞
  • 11月前半 エリザベス女王杯
  • 11月後半 ジャパンカップ
  • 12月後半 有馬記念

4月前半まで(シニア)

ファン数を7万人以上 & 理事長の絆ゲージを緑以上にして固有スキルのレベルが上がるようにしておきます。

2回目の継承イベが4月前半のターン開始時にあります。

  • 3月後半 大阪杯

7月前半まで(シニア夏合宿まで)

7月前半に体力がある状態がベストです。

ここでトレーニングを1,2個レベル4にできていればいい感じです。

  • 4月後半 天皇賞春
  • 6月後半 宝塚記念

8月後半まで(シニア夏合宿中)

前回と同じです。

URAファイナルズ予選まで

12月後半にファン数を12万人以上にして固有スキルのレベルが上がるようにしておきます。

目標とG1レースをこなしつつ根性以外がC~Bになるようにトレーニングを行います。

4個とも550以上あることが望ましいです。(スピードは600以上あるほうがいい)

理事長と記者はそれぞれ絆がMAXだと優勝後にボーナスが貰えるので余裕があれば上げておきます。

  • 10月後半 天皇賞秋
  • 11月前半 エリザベス女王杯
  • 11月後半 ジャパンカップ
  • 12月後半 有馬記念

URAファイナルズ決勝まで

ここが一番トレーニングの効率がいいので複数友情トレーニングが引ければ激アツです。

ですが、優勝後のボーナスを足してもB(600)に届かない基礎能力があればそちらのトレーニングを優先してもいいと思います。

決勝はここまでのステとスキルがあれば基本負けることはないはずなので運負けしていたらコンテでいいと思います。

まとめ

以上の方法で育成すると大体こんな感じになります。

育成結果

因子ガチャ…がんばりましょう!

参考になるサイトなど

サポートカード選びでとても参考になると思います。

リプライに続きやPDFがあります。とても参考になると思います。